【国際機構論】6月10日 中森 邦樹 アジア開発銀行駐日代表

国際機構論に来ていただいたゲストの方をご紹介する本コーナー。 今回は中森 邦樹アジア開発銀行 駐日代表に来ていただいた前期の講義の模様をお送りします。 【6月10日 中森 邦樹 アジア開発銀行駐日代表】 ①ゲストのプロフィールご紹介 京都大学法学部卒。国際協力銀行に入行し、中近東・イギリス・メキシコでの 勤務を経て2002年にアジア開発銀行に入行。前東南アジア局次長。 Japanese Representative Office HP:http://www.adb.org/JRO/ ②講義要旨 2008年6月10日法政大学法学部の国際機構論の講義に、アジア開発銀行駐日代表を務めていらっしゃる中森邦樹先生にお越し頂き、「アジア開発銀行の組織と役割―その今日的意義―」というテーマで講義をして頂きました。 講義の内容として、アジア開発銀行とは、世界銀行が地球規模の問題を扱うのに対し、アジア特有の問題を扱い、その客観性と中立性、専門性が特徴である。よって、アジア開発銀行の機能としては、開発途上国に対する知的支援を重点的に行う必要があるといえるとお話ししておらました。 また、アジア開発銀行の財務構造においては、昨年、年間融資総額が100億ドルを突破したが、今後、貸出が限度を超える可能性があり、貸出を減らすのか、それとも資本金を増やすのかが、現在大きな議論となっているということを述べておられました。 2020年までのアジア経済社会の変革の見通しとしては、今後、長期的にアジアの経済成長は高い水準で続くとみられる一方、沿岸部巨大都市に人が集まる都市化に伴い、環境・医療・災害などの影響を受ける機会が増大するということなども指摘しておられます。 アジア経済を見るうえでの留意点として、アジア経済に重要なのは、経済成長率を抑制することを政治的にコミットすることであり、インフレを、今後どのように自分の首をしめない程度に抑制していくかという点が問題であるとご説明していただきました。

Read More >>

【外交総合講座】5月7日 紀谷昌彦 外務省平和協力室長 

昨年度に引き続いて、法政大学法学部国際政治学科では、長谷川教授の講義の一つとして、「総合外交講座」と題し、 ゲストの方に来ていただき、学生に対して貴重なお話をしていただいています。 そこで、今回より数回にわたり、08年度前期にお越しいただいた、様々なゲストの講義の様子を 写真と講義の要旨と共にお伝えしていきます。 【5月7日 紀谷昌彦 外務省平和協力室長 】 ①プロフィールご紹介 外務省総合外交政策局 国際平和協力室長。 1964年函館市生まれ。1987年東京大学法学部卒、外務省入省。ケンブリッジ大学歴史学部国際関係論修士号及び同大学法学部国際法修士号取得。在ナイジェリア日本大使館、防衛庁、外務省欧亜局・大臣官房・経済局、在米国日本大使館一等書記官(経済協力担当)、在バングラデシュ日本大使館経済協力班長を経て現職。ワシントンDC開発フォーラム幹事。 ②講義要旨 講義において紀谷氏は、近年国際社会で重要となってきている平和構築について、なぜ今平和構築なのか、日本にとっての平和構築とは何なのか、また私たち個人として何ができるのかということについて講義をして頂きました。 そこでは、「なぜ今平和構築なのか?」ということについて、冷戦後に増加した民族同士の紛争の発生を理由に挙げています。 また、平和構築においては、紛争解決から復興開発の流れとして周辺国をも絡みながら、和平合意をし、法の整備・選挙の監視とともに専門機関・NGOの活動など、すべての活動を並行して行わなければいけないと指摘しておられました。 さらに、日本の平和構築については日本の繁栄と安全が保障されなければならない、と指摘し、平和構築における安全保障上の必要性について政治的安定・エネルギー確保・テロとの戦い等を挙げ、説明をして頂きました。

Read More >>

【外交総合講座】4月18日 遠山清彦 前参議院議員・元外務大臣政務官

総合外交講座に来ていただいたゲストをご紹介する本コーナーも遅まきながら、第三回目となります。
今回は、2008年4月18日にゲストスピーカーとしてお越しいただいた、遠山 清彦先生をご紹介します。

Read More >>